ミャンマーに商機求めて 若い「和僑」、現地で起業


豊かな資源と労働力を抱え「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマー。商機を求め、事業を始める若い日本人の起業家「和僑」が増えている。最大都市ヤンゴン中心部の古びたビル。会計事務所の経営者、中山さやかさんがミャンマー人の従業員とビルマ語で談笑していた。伝統的な民族衣装「ロンジー」姿で周囲に溶け込

サイト名: SankeiBiz

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *