「ものづくり」の実力はいかに? 拓殖大学名誉教授・藤村幸義


中国指導部は経済の量から質への転換を重視し、とりわけ「創新」(イノベーション)の活発化を促す政策を相次いで打ち出している。それに伴って研究機関や企業の研究・開発能力の向上、起業の推進などの面で、これまでにない成果を挙げつつあるのは確かである。だが、こうした動きは、日本が得意としてきた「ものづくり」と

サイト名: SankeiBiz - 経済

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *