楽天、薄氷の電波割り当て 甘い計画に注文


総務省の電波監理審議会(総務相の諮問機関)が6日、「条件付き」で楽天の携帯電話事業への参入を認めた。審議会は「第4の携帯会社」の参入で競争がより活発になることを期待する一方、緊急時の通話品質など通信インフラとしての信頼性確保を求めた。楽天は楽天は計画を軌道修正しながら2019年10月のサービス開始を

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *