VRクラウドソフト「スペースリー」、Draper、Archetype、DBJらから1億円の調達し、研究開発の「Spacely Lab」を設立

どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」(Spacely、旧名:3D Stylee)を運営する株式会社スペースリー(旧名:株式会社エフマイナー、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森田博和)は、Draper Nexus Venture Partners(カリフォルニア州サン・マテオ、マネージングディレクター:倉林陽)、Archetype Ventures (所在地:東京都港区、Partner:福井俊平)、DBJキャピタル株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役:鹿島 文行)、事業会社を引受先とする総額約1億円の第三者割当増資を実施した。また、利用によって蓄積したデータの活用や画像解析などに関わる研究開発を推進するためにSpacely Lab(スペースリーラボ)を設立する。

株式会社スペースリーについて
スペースリーは、リーズナブルな価格、直感的な操作で、ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作、編集、管理ができるクラウドソフトです。2016年11月のサービス開始以来、ユーザー数を順調に伸ばしており、2017年11月現在、小さな街の不動産店舗から大手不動産会社までの不動産業界を中心に事業者ユーザー数650以上にサービスを提供しています。利用者からは、オンラインからの問い合わせ率が2倍になった(グッドルーム株式会社様)、成約率が4割から6割となった(株式会社日本財託様)、管理画面も使いやすくまた仲介会社からの質問が減り管理業務が効率化した(複数の不動産管理会社様等)、など効果のあるVRクラウドソフトとして認知されつつあります。
 また、ソフトウェア及びVRグラス「カセット」における特許出願技術など、技術力の高さが評価され、2017年2月には、 株式会社ニコンのコーポレートアクセラレータープログラムで最優秀賞を受賞しています。
webページ:https://spacely.co.jp

どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」

360度VRコンテンツを直感的な操作で制作できるスペースリーは、2016年11月のサービス開始以降、使いやすさ、VRコンテンツの品質、リーズナブルな価格が支持され、不動産業界を中心に事業者ユーザー数は650を突破し、多くの事業者に利用されるサービスに成長している。

また、不動産物件管理の基幹ソフトウェアとの連携や、ハウスメーカーや施工会社に多く利用される3D CAD ソフトウェアとの連携、東京都防災事業への採択など、多くの事業提携や旅行分野をはじめとした新たな分野への拡大が進んでいる。

利用イメージは例えばこのようなイメージとなる。

撮影から編集、アップロード環境まで、ワンストップ、低価格で提供しているのが特徴だ。

その工程をわずか10分で行なう利用の簡単さも利用拡大の理由になっている。

1億円の調達と研究開発ラボの設立

今回、Draper Nexus Venture Partners、Archetype Ventures、DBJキャピタル株式会社、事業会社を引受先とする総額約1億円の第三者割当増資を実施した。

今回調達した資金によって、開発体制の増強、認知度向上と営業及び顧客サポート体制の強化を図る狙いだ。特に、利用の拡大とともに蓄積した行動データや画像データなどを活用したサービス開発を推進する想定で、VR分野でのAIの実用化を推進するための施設として、Spacely Lab(スペースリーラボ)を設立する。

スペースリーラボはすでに準備が進んでいる模様。

今回の調達と、Labの設立でより多くの利用事業者が効果を実感できる360度VRのクラウドソフトウェアとして、さらなるサービス強化を図り、360度VRが日々の当たり前となることを目指す計画だ。

編集後記

取材担当進藤
みずほさんのマッチングイベントで知り合ったスペースリー森田さん。元々は宇宙を研究していた方だそうでバックグラウンドも豊か。話をしていてとっても楽しかったです。

日本初「人工知能スタートアップ特化型」AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

日本初「HRを”Hackする”スタートアップ投資」ファンド投資希望者募集中。

15分で取材完了、マッハ取材受付中。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *