都道府県予算、子どもの学習・居場所対策手厚く


47都道府県の2018年度予算では、産業振興と並び、待機児童解消を含む子育て支援に手厚く配分する自治体が目立つ。特に子どもの貧困対策は多くが広範な施策に取り組んでいる。(2日発行の「日経グローカル」に詳報)日本経済新聞社は全都道府県を対象に18年度一般会計予算を調査・集計した。重点配分する歳出項目を

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *