産学連携─半世紀に及ぶ大学軽視のツケ


大学に産業的価値創出を期待する雰囲気が日本に醸成されたのは、バブル崩壊後だ。産学連携や大学発ベンチャーへの期待が、産学官をあげて合唱されるようになった。そうなるまでに、日本では半世紀が経過している。1945年の第2次世界大戦敗戦から1995年のバブル崩壊まで、日本の産業界は大学に関心を持たなかった。

サイト名: 日経テクノロジーオンライン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *