ICO、申請件数の4~5割は失敗に


2017年、スイスに大きな資金を呼んだイニシャル・コイン・オファリング(ICO)。仮想通貨を使った資金調達手段として注目を浴びたが、その裏で多くの案件が失敗に終わっている。投資家の不信感がじわじわと広がり、早くも暗雲が垂れ込めてきた。  ICOの情報収集サイト「トークン・データ」によると、2017年

サイト名: SWI swissinfo.ch

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *