ディープラーニング高速化の先に望む。「意識を持つ」AIで、業界トップを目指す


マグロ養殖事業でのAI活用により、運営コストの削減に貢献事業や製品・サービスの紹介企業の競争力を左右するテクノロジーとして、ここ数年、AIはあらゆる分野で採用され始めている。AIベンチャーの起業も活発だが、神経科学をバックボーンに新たなAIの開発に取り組むのが株式会社アラヤだ。AIは、自動翻訳や画像

サイト名: ドリームゲート

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *