YouTube、子どもに“違法”なターゲティング広告? その「建前」と、保護団体に告発された理由


YouTubeが視聴者である子どもたちの個人情報を違法に収集し、広告のターゲティングに使っているとして、人権団体らから申し立てを受けた。法定年齢以下の子どもたちは保護者の許可の下、子ども専用サイトで楽しんでいるという建前は、デジタルネイティヴである子どもたちを前に説得力を失っている。

サイト名: WIRED.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *