中国CATL、欧州でのEV電池生産『検討最終段階』


【ハノーバー=深尾幸生】欧州最大級の車載電池の見本市「バッテリーショー・ヨーロッパ」が15日、ドイツで開幕した。車載電池の世界大手、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)の欧州トップ、マティアス・ツェントグラフ氏は基調講演で「欧州での工場建設は検討の最終段階」と述べた。電気自動車(EV)普及に向け、欧

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *