就活生が後悔する? 「成績重視」の逆回転


企業が新卒採用の選考時に、学生の成績や履修情報を評価するケースが増えている。学生の本分はそもそも学業のはずだが、これまではコミュニケーション能力やバイタリティーなど「人物本位」の評価が主流だった。背景には、学生の成績や履修情報を取りまとめる企業向けサービスの普及もありそうだ。「成績が良ければ即採用」

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *