【トレースフラグ 1448】──ログリーダーの非同期セカンダリ待機の動作を変更する


「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ1448の詳細と使い方」を解説します。

サイト名: @IT

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *