ガムシャラに働いて病気になった時、それは“罰”だと思った。IT系社長が、お弁当屋さんをはじめたワケ


栄養バランスがとれたおいしい弁当を、職場で食べられるサービス「タベナル置き弁」が好評だ。富山の「置き薬」ならぬ「置き弁当」は、働く人の健康を願うサービスで、配達先はいま、170社を超えた。「タベナル」を運営しているのは、IT企業の「AIVICK」。弁当という、一見縁遠い分野の事業を立ち上げたのは、社長・矢津田智子さんのアイデアだ。働き過ぎの生活を送った末に病気になった経験を持つ矢津田さん。「がむしゃらに働いて病気になったのは、”罰”だと思った」と振り返る。そこから「置き弁」で働く人の健康を支える事業に行き着くまでの軌跡をきいた。大学を卒業して、京都や東京のIT企業でプログラマーをしてました。仕事にどっぷりつかっていた当時の私は、健康の”け”の字すら、意識したことがなかった。甘いものが大好きで、ストレスが溜まると、生クリームたっぷりのドーナツを一度に8個食べちゃったこともあります。とにかく、食欲に任せて何でも口にしていました。周りの同僚もそうでした。お腹が空けばお菓子やカップ麺に手を出す。ずっとパソコンの前に座り続けて運動もしない。そんな生活を送るうち、病気に見舞われた。最初、微熱が半年以上続くようになって「風邪ひきやすくなったなぁ」と、感じるぐらいでした。でも薬をもらっては飲みもらっては飲み、で、だましだまし暮らしているうちに、ついに膠原病リウマチを発症してしまいました。自分の免疫システムが、自分の細胞を攻撃してしまう病気です。とにかく身体が痛かった。注射を打って痛みを和らげて、何とか仕事に復帰しましたが、病気と付き合いながら働くのは辛かった。他の人から「治らない病気だ」と言われたのも、こたえましたね。「自分の身体を省みず、仕事ばかりしていたから懲らしめられてるんだ」「これは”罰”なんだ」と、落ち込みました。症状がひどくなると入院しなければならないこともあって、周りの人にも謝ったりお願いしてばかり。しんどかったです。病気になるまでは、なんでも「自分、自分、自分」で、自分のやりたいことだけを考えてきました。でも、病気になって、人に迷惑をかけて、それでも支えてくれる友だちや仲間の温かさに触れて…。それまでの考え方は大きく変わりました。周りの人のために、世の中のために何かしたい。自分ひとりではなく、仲間と一緒に何かをやり遂げたいーー。そう思うように

サイト名: The Huffington Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *