「取締役の過半占めリード」東芝メモリ買収のベイン会見


半導体の専業メーカーとして東芝から今月独立した「東芝メモリ」の成毛康雄社長と、東芝から同社を約2兆円で買収した「日米韓連合」を率いる米投資ファンド、ベインキャピタルの杉本勇次・日本代表が4日、東京都内で記者会見を開いて今後の経営戦略を説明した。主なやりとりは次の通り。――日米韓連合は関係者が多い。だ

サイト名: 朝日新聞デジタル

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *