専門家のナレッジを製造業に届け、課題解決を支援する「ものづくりドットコム」

【編集部注】この記事はマッハ取材βで基礎取材したものを編集部が再構成したものです。

専門家のナレッジを製造業に届け、課題解決を支援する「ものづくりドットコム」

山中記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?
熊坂さん
熊坂 治と申します。

熊坂 治

田舎大学の工学部を卒業後パイオニアに技術者として入社。米国駐在を含め、色々な部門を転々と経験して30年で早期退社。技術コンサルで独立したものの顧客開拓に苦労しているうちに、専門家のナレッジを製造業に伝える「ものづくりドットコム」公開の為に株式会社産業革新研究所を設立。

山中記者
どんな事業をやっているんですか?
熊坂さん
技術・生産系コンサルタントのナレッジを製造業に届けるものづくりドットコムを運営しています。コンサルが執筆する記事掲載の他、専門家が答えるQ&A、専門家が登壇するセミナー案内、セミナーDVD制作販売など多角的に情報提供を行います。いわば製造業版の弁護士ドットコムになりますね。
山中記者
創業のきっかけはありますか?
熊坂さん
パイオニア時代に社内技術者向けに運営して成果を出していた情報発信イントラサイト、技術者の営業力のなさで苦労した独立後の課題を解決、そして決定打は退職後に入学したMOT大学院のカリキュラムで作ったビジネスプランがコンテストで入選して自信を持ったことで、創業に至りました。
山中記者
サービスの利用法を教えてください。
熊坂さん
製造業の方は、無料会員登録するとほとんどのサービスを無料で使えます。コンサルタントさんたちからプロモーション費用として年会費と、業務が発生した時の成功報酬をいただくのも弁護士ドットコムに類似しています。
山中記者
競合サービスってありますか?
熊坂さん
技術・生産系のQ&Aサービスはいくつかありますが、いずれも技術者の質問に技術者が応えるため、解答の質は玉石混合。ものづくりドットコムのQ&Aはコンサルタントが回答するため非常に質が高く外れがありません。
またセミナー案内サイトは複数ありますが、当社は製造業向けに特化していることと、会員が登録した関心分野に適したものを選別して案内するなど、ワントゥーワンマーケティングを心がけています。
山中記者
これからの目標を教えてください。
熊坂さん
製造業の関係者が困った時に「ものづくりドットコムで調べてみよう」と、誰もが最初に思い出してくれるサービスになるのが目標です。そのために今後も機能を拡充していきます。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *