がんは本当に血液1滴から検出できる? 米企業が示した「有望な結果」の実現度


たった1滴の血液から、がんを早期発見するとして注目される検査技術「リキッドバイオプシー」を手がける米企業が、初の臨床試験で「有望な結果」を発表した。元データの公開や相互評価などを経ていないため正確性に疑問の余地もあるが、その実効性をいかに証明し、「あらゆるがんを検出する」という壮大な目標を実現させようとしているのか。

サイト名: WIRED.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *