阪急阪神不動産、新阪急ホテル建て替え検討 梅田の築古ビルも順次

阪急阪神ホールディングス(HD)は2022年以降に大阪・梅田にある大阪新阪急ホテルと駅ビルの阪急ターミナルビルの建て替えを検討する。その後も古いオフィスビルや商業施設を順次建て替える。インバウンド(訪日外国人)対応やスタートアップなど新規事業を育てる機能も持たせ、本拠地・梅田の競争力を高める戦略だ。

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *