損保大手 異業種参入に危機感、人材確保課題


損害保険大手がデジタル技術の取り込みに向け、米シリコンバレーなどでの戦略拠点設置や、新興のスタートアップ企業への出資・協業を通じた新事業創出に本腰を入れ始めた。背景にはデジタル技術を駆使して保険に参入する異業種に、損保のビジネスモデル変革の主導権を握られることへの強烈な危機感がある。

サイト名: SankeiBiz

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *