GE大改革は「やれるものならやってみろ」から (成果を出し続けるマネジメント「スタートアップ・ウェイ」)


従業員30万人を世界に抱える大企業、GEは2012年から大改革を始めている。導入したのは、エリック・リース氏が提唱してソフトウェア開発手法として浸透したリーン・スタートアップだ。しかし当初、現場からは大反発があった。

サイト名: 日経ビジネスオンライン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *