民泊代行サービス「Zens」が新たに展開する、不動産オーナー向けサービス「Zenshome」とは

町田龍馬

17歳でニュージーランドの高校3年へ編入。一年で大学入学資格を取得。オークランド工科大学卒業後、IT関連事業を複数立ち上げ、2014年から「Airbnb内装・運営管理サービス」を開始。デザインとテクノロジーを強みに300以上の民泊を手がける。ミッションは、英語を話す人を増やし外貨を稼ぐ人を増やし、日本を元気にすること。

Previous

民泊とマンスリー賃貸の利回り最大化、不動産オーナー向け「Zenshome」

民泊市場は、2017年の1240億に対して、18年は減少傾向になると推測をされている。理由は近日中に施行された「民泊新法」によるものだ。大手民泊プラットフォームの「Airbnb」は日本政府との連携を発表、民泊許可申請をしていない「闇民泊」の予約を一律キャンセルした。新法により、正式に許可を取っているオーナーでも物件の稼働日数は最大で180日。これを解決するべくオーナーの利回り問題を解決しようと、民泊代行会社「Zens」の新たなプロジェクトがスタートした。

一言で言うと「不動産オーナーに対して、民泊とマンスリー賃貸で利回りを最大化する」サービスです。現状の法律ですと、不動産オーナーは物件の運用で民泊稼働をさせるのが180日がマックス。その残り日数をマンスリー賃貸として貸し出せるのが、我々のプラットフォームです。

サービスの概要を聞いた

 

Zenshomeでは、オーナーの皆さんがご自分の物件情報を掲載することができます。ユーザーの皆さんはそこで、物件情報の確認、予約、支払までを完結できる仕組みです。また、AIRBNBの公式APIとマンスリーのAPIを持っているサイトですので、オーナーの皆さんは一つのプラットフォームで民泊とマンスリー両方を管理することができます。 

公式サイトとAPI連携をしているので、カレンダーの共有により被りを防ぐという

ご登録いただきたいのは、AIRbnbをフル活用していたオーナーさん。東京付近の人気物件だと、以前はほぼフル稼働で民泊の貸出ができていました。これが新法により、利回りが下がった方はぜひ利用してほしいですね。

民泊運用をしている物件は、家主が住むには適していない。しかし、家具などの常設により、簡単にマンスリー賃貸運用はできるという。

ユーザーイメージを聞いた

想定しているユーザーさんは、外国人ビジネスパーソン、主にクリエイティブやIT業界の方。個人だけでなく、法人も視野に入れております。

競合サービスについてきいた。

マンスリー賃貸プラットフォームはないと思います。勿論マンスリー+民泊のプラットフォームもありませんね。物件を取り扱うだと競合企業はありますが、僕らは二つを同時に管理できるという差別化の要素があります。ハイブリッド型は僕らにとってもチャレンジですね。

グローバルな視点から見える日本はあまりかっこよくなかった

なぜ創業したのかをきいた。

元々僕は、ニュージーランドの高校大学を出ていますので、海外から見た日本を良く知っています。以前はかなり輝いていたのに、今は新サービスのことを聞くとやれアメリカだやれ中国だと日本は全く話に出てきませんでした。日本を世界に知らしめたい、その思いが僕の原点ですね。

民泊にした理由は自分が実際にAIRBNBのホストをしていました、そこで体験した感覚は前代未聞。本当に素晴らしい人々が泊まりに来てくれました。そこから、民泊の課題にも気が付き、民泊代行サービスを始めました。そこからは流れにそってですね。民泊新法によって、民泊業は大きな打撃を受けます。それを解決するために、マンスリー賃貸というアイデアが生まれました。

世の中や日本を変えるために起業を果たしたという

島国には素晴らしいものがたくさんある、それを世界に

将来をきいた。

マンスリー需要と民泊需要両方を取っていきたいのが、将来の展望になります。民泊だけですと、オーナーさんは限界が来ている、僕らもどうしようもないですが、マンスリーだとどうにかなる可能性を秘めていますね。より物件数とアクセス数を増やして、オーナーさんをもうけさせたいと思っています。

また、レコメンド機能や部屋の家具を変えられるような機能もつけたいと思っています。部屋とメッセージを我々のプラットフォームが持てば、海外には簡単に届けられる。日本にはまだまだ素晴らしい体験が多いです。そこを僕らが地方の方々と一緒に商品化して、ドンドン海外に展開していきたいです。

リリースは7月を予定しています、皆様のお問い合わせをお待ちしております。

事業だけでなく、母国日本を考える「Zens」はより素晴らしい未来を見せてくれそうだ。

編集後記

取材担当中山
民泊業界では知らない人はいない、超新星町田さん。企業に所属した時間よりも、起業をしている時間が長いという根っからの起業家さんです。かなり面白いサービスになりそうです。中山の知人でも民泊をやっている人がいましたが、そういう方も救済してあげて欲しいですね。

AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *