トヨタはこうして「作るべきもの」をみつけた (成果を出し続けるマネジメント「スタートアップ・ウェイ」)


エリック・リース氏はトヨタのリーン生産方式に敬意を表して自らが提唱する製品開発手法を「リーン・スタートアップ」と名付けた。しかし、そのトヨタも「作るべき新しい物」を見つける仕組みとしてリース氏の手法を応用した。

サイト名: 日経ビジネスオンライン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *