社員8万人のための業務支援AIを開発、その機能とは?


Publicis Groupe(ピュブリシスグループ)は昨年、カンヌライオンズへの参加を見送り、その分の費用を投じてAIプラットフォームの開発を進めると発表し話題になった。今年5月にはAIプラットフォーム「Marcel(マーセル)」の詳細が公開され、同グループの業務変革の目玉として注目されている。

サイト名: 「ブレーン」オンラインマガジン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *