GE促進の重点地域に9府県、東京は外れる  厚労省新規事業、今月上旬に決定


後発医薬品の数量シェアが低い都道府県を「重点地域」とし、てこ入れを行う「重点地域使用促進強化事業」の対象地域が決定した。同事業は、厚生労働省が2020年9月までに数量シェアを80%に到達させる目標を…

サイト名: 日刊薬業

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *