副業やってみたら「本業にも相乗効果アリ」。 大企業の人事部も「応援したい」と本音


「副業」に注目が集まっている。政府も「働き方改革」の一環で、推進を打ち出している。しかし、どう始めたらいいのかわからない、イメージが湧かないという人も多いのではないだろうか。一方、企業に聞いてみると意外と「もうやってる」「歓迎」というところも増えてきた。会社員の副業って、一体どんなものなのだろうか?そして、どうやったら、会社にも認めてもらいやすいのだろうか。ハフポスト日本版は7月3日、クラウドソーシングをはじめとしたフリーランス総合支援サービスを手がける「ランサーズ」とのイベントで、企業の人事担当者や副業の経験者から「うまくやるコツ」を聞き出した。コツ1:副業を会社に言うときは「周りから攻める」コクヨ株式会社でデータを活用した顧客マーケティングに携わる岸健二さんは、2014年ごろから音楽を作って売る「副業」を行なっている。実はコクヨでは、「副業」は原則禁止。岸さんは、上司や同僚の理解を得るには「周りから少しずつ攻めながら、きちんとオープンに相談をした」と明かした。「人事や上司と、オープンに会話をすることは重要だと思います。日本の会社は保守的な部分もあるので、最初は勇気が必要でしたが、後ろめたさを抱えたまま副業に取り組むのも、自分としては健全じゃないなと思いました」「最初は、いきなり上司に副業の相談をするのではなく、周辺から攻めました(笑)。『飲み会で言っといてよ』『探り入れといてよ』などと、同僚を少しずつ巻き込みながら、上司に正直に打ち明けると、親身になって受け止めてくれました。しっかり話を聞いてくれて、副業が本業に競合しないなどのシンプルな条件をつけて、認めてもらえました」副業の経験が本業で活かされるなど、ポジティブな相乗効果を見出しているという。「副業で音楽を作りはじめてから、本業においても、それまでとは違う、新しい視点が加わりました。本業でイベントを運営することがあるのですが、音楽制作で学んだ演出方法や人脈をフルに活用しています」「音楽一本に絞ってそれだけで食べていくっていうのも、それはそれでしっくりこないと思います。本業の方で感じるストレスやプレッシャーが、副業の音楽制作において、大きな原動力やアイデアの源になっている気がするんです」コツ2:キラキラした副業なんてない。気負わずに、まず始める。ヤフー株式会社でデザイナーとして働くかたわら、

サイト名: The Huffington Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *