本当?地方創生事業で最も大切なのは「移住しなくてもいいよ」という、ゆるさ!?


みなさんこんにちは、NPO法人Ubdobe(ウブドべ)の岡です。今日は「医療福祉エンターテインメント」を掲げる私たちの活動の中でも一風変わった事業をご紹介させてください。その名も「医療福祉系地方創生事業」。つまり医療福祉がベースとなった地方創生です。――地方創生とは(from Wikipedia)――『地方創生(ちほうそうせい)とは、第2次安倍政権で掲げられた、東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策である。』私たちは3年ほど前から日本海、島根県の北に浮かぶ隠岐諸島にある海士町(あまちょう)という人口たった2300人の島との共同事業をスタートさせました。今ではこの事業がきっかけで実際に島に移住した人も5名を超えてきたが、そこに至るまでに様々な紆余曲折があったのだ。そもそも、離島や山間部などのいわゆる過疎地と言われる地域には若者が少なく高齢者が多いことは誰もが周知の事実だとは思いますが、この状況に対してどれほどの自治体が本気で取り組んでいるだろうか?若者がいないということは働き手がいないということで、これは医療福祉職も同じくです。ただでさえ介護や看護師の不足が全国的に社会問題となっている今、離島や山間部ではかなりのピンチを迎えています。そこで、私たちは考えました。確かに、東京で働き続けたい人もいればそうでない人もいる。都心のマンションが心地いい人もいれば田舎の古民家が肌に合う人もいる。つまりはマッチングだよねと。ここまではどこの行政もやっていますね。婚活パーティをやってみよう・モニターツアーをやってみようetc.様々な施作が行われています。私たちが着目したのは、もっともっと前段階のところ。そもそも、その島や地域の名前すら聞いたことのない状態で興味を持ってくれるだろうか?無理ですよね。だって知らないんだもん存在を。名前だけ聞いてもわからないし、地図で見てみてもわからないし、ググってみても大体が観光っぽい同じような構図の写真が並んでいるだけ。そんな状態で「移住してください!!」っていきなり言われても誰の心も動かない。そこで、私たちがまず開催したのがローンチパーティ。東京湾に浮かぶクルーズ船を貸し切って、海士町の食材と地酒を仕入れ、海士町で撮影してきた動画と写真を紹介しながら、海士町の社会福祉協

サイト名: The Huffington Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *