インテル、創業50年目の試練 トップ辞任で改革頓挫


米インテルが7月18日に設立50年を迎える。「シリコンバレー」の由来のひとつとなり、今なお成長を続ける半導体産業の雄は近年、守勢が目立ち始めた。6月にはブライアン・クルザニッチ氏が従業員との過去の交際を理由に、最高経営責任者(CEO)を辞任する混乱も起きた。IT(情報技術)産業が大変革を迎えるなかで

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *