サマータイム、IT業界に拒絶反応 よみがえる苦い記憶


2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、政府・与党内で検討されている「サマータイム」(夏時間)導入案に、IT業界などに戸惑いが広がっている。もし実行に移され、標準時が1~2時間早められると、コンピューターシステムの大規模改修などが必要になるからだ。ただでさえ忙しいエンジニアにとっては「働

サイト名: 朝日新聞デジタル

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *