最大のネックはバッテリー、Uberが目指す「空飛ぶタクシー」の課題


Uberは、わずか5年先の2023年に空飛ぶタクシー「Uber AIR」の実用化を目指している。その実現を阻んでいるのは、軽くて持続力のあるバッテリーが手に入らないことだ。技術は進化しているとはいえ、果たして解決方法はあるのか?

サイト名: WIRED.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *