バルトの小さくて真っ当なIT先進国


トームペア城から見晴らすタリン旧市街。この古い町で、世界をリードする「革新」がつぎつぎと生まれ育っている。バルト海を滑るように走っていたフェリーが、徐々に速度をゆるめ港に入ってゆく。この5月、初めてエストニアを訪れた。港でタクシーに乗ると、運転手はロシア人。1991年に「再独立」するまではソ連の支配

サイト名: GQ Japan

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *