アイリッジは底打ちして反発期待、19年3月期実質増収増益予想、事業領域拡大戦略を加速

アイリッジ<3917>(東マ)はO2Oソリューション事業をベースとして、事業領域拡大戦略を加速している。19年3月期(連結決算に移行、決算期変更で8ヶ月決算)は、月額報酬の順調な伸長やM&A効果などで実質増収増益予想である。株価は底打ちして反発を期待したい。■O2Oソリューション事業が主力 位置情報連動型プッシュ通知ASPのpopinfo提供から、popinfo搭載O2Oアプリ企画・開発、集客・販促を中心としたO2Oマーケティング企画・運用支援まで、企業のO2Oマーケティン..

サイト名: 日本インタビュ新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *