ASAC 6期 Demo Day 優勝は病児保育マッチング『あずかるこちゃん』のCI Inc.

冒頭「東京から世界のリーディングカンパニーを」とのASAC會田さんのコンセプト宣言から始まったイベント。

10月23日(火)に開催された イベント「ASAC 6期 Demo Day」。ASACとは「東京から世界に誇るリーディングカンパニーを生み出す」がテーマ。「新結合による新事業創出プラットフォーム」がASACの役割となる。「成果にコミットすアクセラレーションプログラム」と銘打つプログラムだ。

バッチ6期生の10社は、不妊治療から、AI人材の教育まで幅広い。特徴としていえるのは社会的意義の高い事業が多いことだろう。このあたりは東京都の委託を受けてプログラムを運営しているところに由来している。さらに先輩起業家としてASACの卒業生も2社ピッチすることとなった。

4時間にわたるイベントとなったが、目次から興味があるコーナーをご覧いただければと思う。

【編集部注】本取材を行った私、進藤はASACのメンターも務めていますので、インナーメンバーからのレポートになります。

オープンニング

平日夜間の開催だが、100名ほどの投資家、メディア、観覧者、先輩起業家が集結しオープンイノベーションへの意気の高まりが感じられた。

最初にASACのコンセプトについて會田さんよりピッチ。

ASACは大企業のメンターを中心とした90名のメンターの協力により運営されている。

1バッチ100社以上の応募があり、女性起業、ソーシャルセクター、環境、エネルギーなど民間アクセラレーターでは支援が難しい産業ドメインを支援しているのが特徴。

ASAC Batch5 参加企業によるピッチ

2部は1社4分のショートピッチののちオーディエンスから投票を受ける。[ニーズ]欄に、協業の希望を記載した。資金調達や大企業との連携を行っているのでVCや投資担当のみなさん、ぜひコンタクトを取ってみていただきたい。

Oshidori


2017年統計上過去最高となった共働き夫婦の増加率。夫婦の働き方は大きく変わり、特に20−30代の夫婦においては互いに平等であるべきという考えが当たり前の世の中になりました。そんな彼らが抱えている課題が、お金の管理。彼らは個人と夫婦のお金の関係性をうまく整理できず、場合よってはエクセル等で家計を管理する等の課題が山積しています。
OsidOriは若い共働き夫婦が抱える課題を解決するための、お金の管理サービスです。
個人を尊重しながらも、夫婦や家族の関係性を大切にする、そんな仕組みを提供します。

[ニーズ] 生保企業、乗り合い代理店の有力プレイヤーとのアライアンス

ドクターメイト


〜介護のすぐそばに医療がある安心を〜それが我々の提供するものです。
介護現場で起きる医療的な問題は増えており、それが介護現場で働く人の負担になっています。
現役医師と介護現場をチャットで結び、介護現場での判断を医師がサポートします。日常の疑問も気軽に医師に相談できる環境を構成し、介護のすぐそばに医療がある安心を提供します。介護と医療の密な連携を実現し、施設入居者さんの重症化、入院数の削減につなげます。そして、医療費・介護費を適正化し、社会保障費を教育費など未来への投資へまわしていきたいというのが我々の思いです。

[ニーズ] 介護事業所(有料老人ホーム、特養)を運営している事業者、自治体

カイテク

「介護・医療のあらゆる情報・テクノロジーを繋ぎ、共創し、人類の進化に貢献する。」 介護・医療では人材不足が喫緊の課題です。特に介護人材は2025年に43万人が不足すると言われています。現場において非効率なことをする時間はありません。例えば、介護ソフト・電子カルテが事業所ごとに違うために、FAXを使用しているケースもあります。現場において、あらゆる情報・テクノロジーが繋がる世界を目指します。例えば、各ソフト・IoTなどが連携を取れるように変換ソフトで、現場をシームレスにします。「私達は人がやらなくてもいいことを減らし、人にしかできない創造性が高いことを増やします。

[ニーズ] カイテク人材採用サービス導入企業

HERBIO

基礎体温ウェアラブルデバイスとAI搭載女性専用の体調管理サービスを提供します。基礎体温は、女性が排卵日や自身のバイオリズムの把握の為に計測するものです。しかし毎日起床直後に舌下で計測しなければならず、継続的な計測を断念する女性は80%以上にも及びます。現状では測定時間の短縮が技術改良の中心を占めており、手間は省けていません。そこで、就寝中に違和感なく測定可能なウェアラブルデバイスを開発し、ストレスフリーな体調管理を実現させます。また、今後は女性だけにとどまらず、体温計測による生体データを老人や子供の体調管理にも役立てたいと考えています。

[ニーズ] 当該サービスを福利厚生などによる導入先として、その他 協業

ライフサカス

「子どもを心から望む女性が、みんな母になれる社会をつくる」
5.5組に1組が不妊に苦しむ現代。当社は、最も切実な「不妊治療当事者」の日常ストレス軽減と、意思決定支援をめざしたソリューション開発をしています。中核を担うのは、不妊治療生活のQOLに特化した日本初のアプリ、「GoPRE」。カンタン通院記録から、進捗&お金の管理、仕事との両立、夫婦間コミュニケーションをサポートします。
加えて、先行事業である「UMU」メディアや研修・講演で応援者を増やし、社会環境からも変えていきます。

[ニーズ] 大企業の福利厚生、販売代理

Connected Industries

『あずかるこちゃん』は「利用者」と「病児保育施設」のマッチングサービスです。
子育て中の働く親御さんの「こどもの急病」時の不安は大きいにも関わらず、病児保育施設は非常に使いづらい仕組みです。また、現場で働くスタッフも「予約・キャンセル対応・保育記録」に時間を取られ、保育に集中出来ない環境になっています。『あずかるこちゃん』の導入によって、現場スタッフの電話対応時間が減少し、保育へ集中することが可能となります。そして、スマホから簡単に病児保育施設へ予約が可能となり、さらに保護者と施設スタッフとのコミュニケーションを増やすことで、「仕事と育児の両立」が不安なく行え、社会全体で子育てを進められる世界を作ります。

[ニーズ] 行政へのサービス導入や事業展開

STANDARD

株式会社STANDARDは、AI開発を行う企業様に対して、社内に推進力のあるチームを作るための人材育成を行うスタートアップです。クライアントの企業様がAI開発を行う企業様が先端技術、あるいはそれを扱えるエッジの効いた人材を取り入れ、推進力のある開発組織をつくることを目指します。

[ニーズ] ・AI 人材教育オンラインサービスの自社活用、研修教材の代理販売(法人研修事業者)、開発協業(AI 系開発企業)、企業のビッグデータを活用した学生との共同研究、ツール普及、優待利用連携(ツールベンダー)、資金調達

アメグミ

新興国(特にインドやアフリカ)には多くの労働者がおり、彼らの収入が低いため、彼らの子供の教育や親の医療サービスに対して資金不足が起きている。彼らに対して長寿命・格安・シンプルな機能のスマートフォンと、マイクロファイナンス・教育・求人の初期アプリを一括で提供する。そうすると起業したかった人は起業できるし、もしくは英語やプログラミングを学習して新しい仕事に就くことができ、収入を向上させることができる。

[ニーズ] サービス導入先(大企業の従業員に特定のアプリをプリインストールして導入してもらいたい意向)

ビーサバイ

パーソナライズトレーニングの価格破壊。フリーのパーソナルトレーナーとユーザーを繋ぐプラットフォームを作る。

[ニーズ] 決済手段、トレーニングをする場所の調達

ユノ

“Yourplate(ユアプレート)”は食事のストレスを全て解消することを目的にした「おまかせ定食サービス」です。普段仕事をしていて、「今日、食事どうしようか」と悩んだことはありませんか?満足する食事ができていないと困っていませんか?ユアプレートはその問題を解決します。専用のアプリケーションを使って、あなたに合わせた定食が近所の飲食店で食べられるようになります。かんたん便利に、あたたかい食事をご提供します。

[ニーズ] 店舗開拓に優れている方、ウェブマーケティングに優れている方

そしてピッチの最後には、参加者による投票でピッチの1番を決める投票が行われる。

アルムナイピッチ(先輩起業家ピッチ)

投票集計が行われている間に、先輩起業家のピッチが行われた。40社あるうちのオーとライナフの2社。

まずはオーから。

O:SLEEPは従業員の一括健康管理ツール。従業員は自分にあった日々の睡眠コーチングを受けられ、人事部は従業員の健康データを一括管理できる。

[ピッチメモ] オーは3期生。睡眠課題をかかえるユーザーは多く、離職リスクや過労問題など企業にとっては大きな経営課題となっている。オーは睡眠管理アプリを提供、特徴は72%と高い継続率。また90%の確率で離職リスクを検知できている事例もあると言う。

そしてトリナス。


世界が認める日本の技術とデザインを繋ぎ、まったく新しい驚きに溢れた商品、インテリア雑貨、食器、文具、アパレル雑貨など、ジャンルの垣根を越えて、生活を楽しくする小さなイノベーションをたくさん生み出すプラットフォーム。

[ピッチメモ] トリナスは2期生。日本に埋もれている技術、技術者、ユーザーのニーズを結びつけデザイン、技術を組み合わせ、商品企画にする。商品企画が完了するとクラウドファンディングを行いプロトタイプ開発を行い、量産を行っていくプラットフォーム。マネタイズはレベニューシェアモデルで、森永製菓などの大手企業との商品開発が完了しているという。

表彰

卒業生を代表して卒業の盾が東京都の担当より手渡された。

毎バッチ、その期で活躍したメンターを表彰するのだが、ベストメンター賞はsansanの日比谷さんに。

そしてオーディエンス賞は病児保育のマッチングサービス『あずかるこちゃん』のCI Inc.が受賞した。

ということで最後にみんなでパシャリ。

メンター陣は超一流、大手企業が勢ぞろい。これだけのメンツに一気に会えるイベントも珍しい。

編集後記

おしん記者
ASAC會田さんからご招待をいただき、行ってきました。あいかわらずの熱気で汗をかいちゃうほど。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?



AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *