40万人が不足し40万人が余る、技術者を襲う恐るべき雇用のミスマッチ


最近、経済産業省の官僚の人たちと会う機会があり、IT人材の件でも議論したので、改めて世間で騒がれている「技術者不足」の実態を調べてみた。まず経産省が2016年6月に発表した調査結果では、2015年の段階でIT人材が17万人不足していたとする。さらに2020年には29万人、2025年には43万人と不足

サイト名: 日経xTECH

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *