GM、増収増益 販売単価が上昇 7~9月期


【シリコンバレー=白石武志】米ゼネラル・モーターズ(GM)が31日発表した2018年7~9月期決算は、最終損益が25億300万ドル(約2800億円)の黒字(前年同期は29億8300万ドルの赤字)だった。独オペル売却の影響などで販売台数は減少したものの、大型車人気が続く米国で販売単価が上昇。利益水準と

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *