富士フイルムら出資の東大発AIベンチャーはハイリスク?ローリスク? – 『週刊ダイヤモンド』特別レポート


人工知能(AI)を活用して細胞や疾患の画像を解析する東大発ベンチャー、エルピクセルが10月末にオリンパス、富士フイルム、CYBERDYNEなどから総額約30億円を資金調達した。第三者割当増資にヘルステックへ力を注ぐ医療機器大手らが応じたものだ。『週刊ダイヤモンド』7月21日号の第1特集「製薬 電機

サイト名: ダイヤモンド・オンライン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *