自分の旅館だけでなく、地域の活性化がミッション 脱サラ起業「ただいまジャパン」代表に聞く


以前は芸者が行き交う花街として賑わっていた新宿区荒木町。今ではこだわりの飲食店が軒を連ね、昭和時代のノスタルジックな雰囲気を醸し出す。その雰囲気に魅了され世界中の人がこの街に訪れる。そんな荒木町の路地裏に「ただいまjapan新宿旅館」という宿が2017年12月にオープンした。運営するのは、そのままその会社にいれば安泰だったであろう、大手通信会社出身のビジネスマン・那須寛氏。彼が掲げるインバウンドの新しい形「Bed(宿)&Experience(体験)」とは。

サイト名: ECZine

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *