【趣味と私と人生と】vol.7 釣れて楽しい、食べて美味しい。だから釣りが好き(柳川裕美)


心から「楽しい」「最高」と感じられる趣味があると、人生はよりおもしろく、彩り豊かなものになります。趣味という名の美しい沼に浸かっている人たちを紹介していく連載【趣味と私と人生と】。第7回目は「釣り」を愛する、柳川裕美(やながわひろみ)さんに登場いただきます。 初の釣りは微妙な思い出だけど 柳川さんが人生初の釣りに挑戦したのは2017年。年明けに行った旅先で、宿の前に湖があり、ワカサギ釣りを楽しもうとするも……。 「その日はとても寒く、そもそも虫が苦手なのに、ミミズのようなワームを釣り針に付けないといけない。そんな状況だったので、3分くらいで『無理!』と諦めました(笑)」 そのため再び釣りをすることになるとは思っていなかった柳川さんでしたが、知人である中川めぐみさん(現『ツッテ』編集長)がFacebookで毎週のように釣りに関する投稿をしていたのが気になり始めます。もろアウトドアファッションという格好ではなく、おしゃれな装いで釣りを楽しむ彼女を見ていると、釣りに対して抱いていたイメージが変わり始めました。 手ぶらで行って、ほぼ確実に釣れる!? ある日、中川さんはこんな投稿をします。「釣りにハマりすぎたので、釣りで起業します」。釣りがひとりの女性の人生を変えた――。柳川さんは思わず彼女に連絡しました。そして、心から釣りを楽しんでいるように見える中川さんに、「私も釣りに行ってみたい」と伝えます。結果、その模様は柳川さんが勤めるRettyが持つWebサイト「Rettyグルメニュース」で記事化されることに。 「中川さんに釣りに連れて行ってもらったのは2017年12月です。金沢八景駅から船を出して、カワハギ釣りを楽しみました。海釣りはエサが小魚やイカなので、虫嫌いな私でも抵抗はなかったです。 海釣りの魅力は、船で“釣れるスポット”まで連れて行ってもらえるから、ほぼ確実に釣れること。初心者ばかりで行ったのに、ひとりにつき5匹ほど釣り上げていました。 長靴や合羽などすべてレンタルできるのもいいですね。ほぼ手ぶらで行けるので、釣りってこんなに手軽に楽しめるんだ! といい意味でびっくりしました。釣った魚を持ち帰るなら、グループにひとつ、クーラーボックスがあればOK。私もキャスター付きのクーラーボックスを買っただけで、釣り竿などはいつもレンタルです」 釣った魚を店に持

サイト名: 女子力アップCafe Googirl

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *