北京・杭州・上海・深圳、しのぎ削る中国ユニコーン


中国でスタートアップ企業が続々と誕生している。主に北京、上海、杭州、深圳の沿海4都市を舞台に、フィンテック、ライドシェアなどニューエコノミーの担い手として浮上。中国政府は国有企業偏重だった経済の体質を改善させる存在になると期待する。上場予備軍に育った中国スタートアップの社数は100社を超えたとの調査

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *