綿半HDが中国国際園林博覧会の日本長野園をデザイン

■会期中の来場者数は500万人に達する見込み 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、2018年12月6日から開幕する中国最大級のガーデン博覧会「中国国際園林博覧会」で、日本を代表し、日本長野園のガーデンをデザインした。  中国国際園林博覧会は中国国内で最高峰・最大級のガーデン博覧会であり、今回で12回目の開催となる。中国の各都市に加え、ASEAN諸国、世界各国都市を誘致し、その都市名での庭園が作庭される。日本は、会場の南寧市と学生交流のある長野県が選出され、デザインを..

サイト名: 日本インタビュ新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *