バーチャルアシスタントで、約3億円の販売機会損失をカバー : マークス&スペンサーの挑戦

英国の小売企業マークス&スペンサー(Marks & Spencer:以下、M&S)がウェブサイトにバーチャルアシスタントを導入して1年、この技術の開発者のひとりは、これがなければ失っていたであろう200万ポンド(約2億9000万円)相当のオンラインセールスにつながったと言っている。
The post バーチャルアシスタントで、約3億円の販売機会損失をカバー : マークス&スペンサーの挑戦 appeared first on DIGIDAY[日本版].

サイト名: DIGIDAY

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *