仏政府がGoogleやFacebookなどに税金を課せることに!


フランスがGoogleやApple、Facebookからも税金徴収し始めることに!Happy New Year, big tech! France starts taxing Google, Apple, Facebook, and Amazon1月1日【RT】https://www.rt.com/business/447865-france-tax-google-facebook/  (イメージ画像 ドイツの反Google運動の様子)フランス国内で、テクノロジー関連の巨大企業群への税金を現行よりも多く課せることになった。EUの他の国が対応策を考えるのを待たずの同国の決断だ。 デジタル関連企業を対象とした、通称GAFA税と呼ばれるこの税制度は、1月1日をもって施行される。12月にブリュノ・ル・メール経済・財務大臣が発表したこの税改正はGoogleやApple、Facebook、Amazonなどの多国籍デジタル巨大企業を特にターゲットにしたもので、5億ユーロ(約612億円)の税収増になるものとフランス政府は期待している。同大臣は「この税制度は何が起ころうと施行します」と強調。EU圏内での巨大テック企業に対するより公正な徴税と思えるこの税改正を、フランス政府は推し進めていた。シリコンバレーの巨大企業に対する税金を課税する件に関し、加盟国28か国のEU議会は分裂して、進捗は失速していた。変化を実行するには加盟国の満場一致の賛同を得る必要があるためだ。上記の巨大テック企業はヨーロッパの国の経済から収益を上げながらも、自らの組織の複雑さを利用し、一部の利益を税金の安い加盟国に横流ししていると批判されている。反対勢力をけん引しているのはアイルランドで、その企業群の本部の多くを国内に抱えてアメリカのテック企業の中心地となっている。フランスの動きに反対している国には他にエストニアやスウェーデンが含まれるが、両国は課税によってアメリカからの報復を招くことを懸念して反対している。利用者のデータやデジタル広告から収益を出しているインターネット系の大企業に対し、3%の税金を課せることに関し、EUは議論を重ねてきた。しかし11月に行われた最新の議論では目立った進展がなく、どうやらそれがフランスが単独で前進するきっかけとなったようである。フランス政府は当初、データに対し幅広

サイト名: 世界の裏側ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *