「猫の手」で街盛り上げ /東京


「昭和レトロ」な街並みの象徴だった映画看板が老朽化のため撤去されてから、間もなく3カ月。JR青梅駅周辺の商店街は、新たに猫の看板やキャラクターによるイベントでまちおこしを図る。かつて養蚕の盛んだった西多摩で「猫は天敵のネズミから繭を守ってくれる身近な存在だった」という。大手スーパーの撤退などにあえぐ

サイト名: 毎日新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *