iPSでマラリア用研究キット 京都のスタートアップ


再生医療スタートアップのマイキャン・テクノロジーズ(京都市)は血液中の希少な血球をiPS細胞などから作製し、治療薬やワクチン開発を支援する。今秋にも10億個の血球入りのマラリア用研究キットを発売する。献血から採取する従来手法では大量に用意するのが難しかった。薬剤に耐性をもつマラリアの原虫も現れており

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *