大手テクノロジー企業が打ち出した「有意義な時間」の“罠”


元グーグルのデザイン倫理担当者で、Center for Humane Technologyの共同創設者であるトリスタン・ハリス。彼が広めた「Time Well Spent(有意義な時間)」という単語は、いまやシリコンヴァレーのテック企業がこぞって口にしている。しかし、こうした「有意義な時間」とそれを実践するための施策は、もはやマーケティングのための言葉と化している。

サイト名: WIRED.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *