Uberが目指す完全自動運転、トヨタやソフトバンクが出資も課題は山積


上場が近づいてきたUberの自動運転技術部門に、トヨタ自動車とデンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが総額10億ドル(約1,120億円)を出資することになった。自動運転によるサーヴィスの商用化に向けて協業を加速するUberだが、それでも完全な自動運転の実現までに解決すべき課題は山積している。

サイト名: WIRED.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *