70歳までの雇用確保 多様な選択への支援策を


政府が「未来投資会議」で70歳までの雇用確保を企業の努力義務とする方針を示した。

少子高齢化が進む中で社会保障費の伸びを抑えることが政府の狙いだ。確かに現在65歳まで義務づけている雇用確保を5年延ばせば、支えられる層が減り、支える側が増えて社会保障の財政は改善される。

このため70歳までの雇用確

サイト名: 毎日新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *