米エヌビディア、純利益68%減 データセンター前年割れ


【シリコンバレー=佐藤浩実】米エヌビディアが16日発表した2019年2~4月期の純利益は前年同期比68%減の3億9400万ドル(約430億円)だった。売上高は31%減の22億2000万ドルで、データセンターで使う人工知能(AI)半導体の減速が目立った。ただ、流通在庫の消化が課題だった主力のゲーム向け

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *