高齢者の就業拡大「多く横たわる付随課題」

 
政府は、働きたい高齢者に70歳まで就業機会を確保するよう企業に努力義務を課す方針を示した。来年の通常国会に高年齢者雇用安定法の改正案を提出する予定。法改正段階では強制力のない努力義務だ…

サイト名: 陸奥新報

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *