CATEGORY ニュース

ニュース

地元ブランド「ヨコスカネイビーパーカー」を生んだコワーキングスペース

横須賀創造空間は市やヨコスカバレーと連携し、横須賀市や三浦半島の魅力を発信すべく「市民発のスペシャルチーム」として発足したNGO。現在はスタートアップが集う場所、地元課題を解決するための場所として、コワーキングスペース「ヨコスカテラス」を運営している。 …この記事の続きを読む

ニュース

仕事で疲れた左脳を、子育てで癒す ポジティブ思考で目標達成!

2歳7カ月と10カ月の男の子の母親として、そしてシルキースタイルの社長として、エネルギッシュな毎日を過ごしている山田さん。仕事はより効率的に、より緻密に進めている。一方で家庭に戻れば、イヤイヤ期の男兄弟との、「効率的」とは真逆な環境。仕事での緊張を、効率とは無縁の子どもたちが解いてくれているのかもしれない。…この記事の続きを読む

ニュース

第5の科学である「AI駆動型科学」の誕生

前回までは、AI社会論研究会の共同発起人である井上智洋氏による執筆により「AI時代において重要性を増す人文社会科学」についてお届けした。今回はそれに引き続き、私高橋がAIの活用として最も大きなインパクトをもたらすであろう「科学技術研究への応用」を紹介する。次回からもAI社会論研究会のメンバーである各部門の有識者が様々な角度からAI関連の話題が繰り広げられる予定だ。…この記事の続きを読む

ニュース

15年度創業融資件数3%減 女性・若者向けは伸びる 日本公庫

日本政策金融公庫は北陸3県の6支店(富山、高岡、金沢、小松、福井、武生)での創業企業(創業前と創業から1年以内)への2015年度の融資実績をまとめた。融資企業数は429件となり、14年度に比べて3%減った。融資金額は28%減の31億600万円だった。女性や若者を中心に、小さく事業を始める「プチ起業」…この記事の続きを読む

ニュース

安易な国策依存 不利益

人口減 復興のかたち[40]第8部創生の虚実(5完)大事業 「罪滅ぼし」の思いを持ち続けている。「新しい価値をつくり、社会を改革できる人材を育てたい」 南相馬市の一般社団法人「あすびと福島」代表の半谷(はんがい)栄寿さん(63)は東京電力の幹部社員だった。サッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、…この記事の続きを読む

ニュース

日立が「2018中期経営計画」を発表、2018年度に売上10兆円・営業利益率8%目指す

株式会社日立製作所(以下、日立)は18日、「2018中期経営計画」を発表した。それによると、最終年度となる2018年度に売上収益10兆円、調整後営業利益率8%超、EBIT率8%超、当期純利益は4000億円超を目指すという。3年で1兆円の増収という認識 日立の東原敏昭社長兼CEOは、「2015年度には…この記事の続きを読む

ニュース

タブレット端末を用いた学習環境の安全性向上のため「xSync」に「i-FILTER ブラウザー&クラウド」が採用されます

パイオニアVCが、タブレット端末を用いての学習環境での安全性向上のため、「xSync」に「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を採用します。株式会社ブイキューブグループのパイオニアVC株式会社が、遠隔教育や協働学習を実現する「xSync(バイ シンク)」を利用した学習環境の安全性を向上させるため…この記事の続きを読む

ニュース

労働の基本は「自給自足」である

古来、労働の基本は「自給自足」であった。自分で食べる分は自分で作る(稼ぐ)ということだ。その意味において、家族を活動の最小単位として何年も継続している老舗(いわゆる「手仕事系」に多い)は、労働の原型に比較的忠実なので、規模の拡大再生産と相性が悪いという点を除けば、ある意味ではとても堅牢な経営形式だ(…この記事の続きを読む

ニュース

第一勧業信組と01ブースター 東京の起業家育成プログラムを提供

第一勧業信用組合(東京都新宿区)は18日、ベンチャー支援のゼロワンブースター(同港区)と共同で、東京エリアの起業家、中小・ベンチャー企業を育成するプログラム「東京アクセラレーター」を提供すると発表した。地域金融機関が実施するアクセラレータープログラムとしては日本初の取り組みで、同信組は地域金融機関の…この記事の続きを読む

ニュース

浙江省の代表団、独で留学生向けセミナー

浙江省の60社余りの企業、11の地方政府関係者からなる代表団はこのほど、ドイツ・ベルリンのホテルで欧州に留学しているハイレベル人材向けの現地セミナーを開いた。浙江省人事社会保障庁の陳中副庁長が同省の状況を説明、民営経済とインターネット経済の発達した省として、起業文化、市場の活力などの面で独特の強みが…この記事の続きを読む

ニュース

JR西社長に来島氏 体制刷新で6月就任へ 北陸新幹線ルート選定や収益力強化など課題山積 会見で「安全最優先」

JR西日本は18日、次期社長に来島達夫副社長(61)が昇格する人事を発表した。6月22日の株主総会後に就任する。真鍋精志社長(62)は代表権のない会長に就く。 JR西は北陸新幹線の未着工区間の福井県・敦賀-大阪のルートを巡る政府、与党や自治体との調整が当面の重要課題で、経営体制を刷新して対応を強化す…この記事の続きを読む

ニュース

理想の年収は 300万円の人も、1000万円の人も 「今より○倍」! ――「目の前にライフワークの法則」 – 稼ぐ言葉の法則

「マーケティング、マネジメント、リーダーシップ、アントレプレナーシップ、アドミニストレーション(管理)、営業、起業ノウハウなど、ビジネス書20冊分プラスMBA課程2年分のノウハウを一冊に詰めた」最新刊の「売れる公式41」とは? …この記事の続きを読む

ニュース

電塾の6月定例勉強会、今回のテーマは「360度動画・VR特集」 参加費は無料

6月4日、ハイエンドデジタルカメラユーザーのための、ユーザー自身によるウェブサイト「電塾」の6月定例勉強会が、「360度動画・VR特集」をテーマに開催される。参加費は無料で、電塾のサイトから申し込みが必要。別途、参加費有料で懇親会を設ける。主なプログラムは以下の通り。 360度動画・実写VRコンテン…この記事の続きを読む