CATEGORY ニュース

ニュース

ワイヤレスゲートは16年12月期2桁営業増益予想で増額余地

ワイヤレスゲート<9419>(東1)はワイヤレス・ブロードバンドサービスを主力として、Wi-Fiインフラ構築・運用サポートやM2M/IoTサービスなども積極推進している。16年12月期2桁営業増益予想で増額余地があるだろう。株価は地合い悪化の影響を受ける場面があったが切り返しの動きを強めている。中期成長力を評価して出直り展開だろう。なお8月4日に第2四半期累計の業績発表を予定している。■ワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供 通信事業者からインフラを借り受けてワイヤレス・…..この記事の続きを読む

ニュース

ライザップが広告宣伝に大金を投じる理由

「結果にコミットする」のフレーズと筋肉ムキムキの映像が思い浮かぶ、ライザップのテレビCM。その派手な広告宣伝も実は、数多くのテストを繰り返して得たデータに裏付けられたものだった。原点には資本金を使い果たして手持ち金が13万円にまで減った苦い経験があると、健康コーポレーション社長の瀬戸健氏は語る。 大…この記事の続きを読む

ニュース

ミロク情報サービスは上場来高値更新の流れに変化なし、17年3月期も増収増益・連続増配予想

ミロク情報サービス<9928>(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売やコンサルティングサービスを主力として、クラウドサービスやFinTech分野など新規事業を強化している。17年3月期も増収増益・連続増配予想である。株価は上場来高値更新の流れに変化はないだろう。■財務・会計ソフトの開発・販売およびサービスが主力 会計事務所(税理士・公認会計士事務所)と、その顧問先企業である中堅・中小企業向けに、財務・会計ソフトなどの業務用アプリケーションソフト開発・販売、汎用サーバ・パソコ…..この記事の続きを読む

ニュース

京写は調整一巡して出直り、17年3月期大幅営業増益予想で指標面に割安感

京写<6837>(JQS)はプリント配線板の大手メーカーである。17年3月期は新規取引も寄与して大幅営業増益予想である。中期的には自動車ヘッドライトLED化や京都大学との次世代無線通信技術「カオスCDMA」共同研究も注目される。株価は地合い悪化の影響を受けたが、指標面の割安感も強く調整一巡して出直り展開だろう。なお7月29日に第1四半期業績発表を予定している。■プリント配線板の大手メーカー プリント配線板の大手メーカーである。世界最大の生産能力を誇る片面プリント配線板、およ…..この記事の続きを読む

ニュース

テスラ株は「今」手放すべき? 警戒を要する3つの問題

Gary Waters / gettyimages電気自動車(EV)メーカー、米テスラ・モーターズには、企業統治に関する大きな問題点がある。その問題はここ数週間、株式市場で富を得ている人たちにも自分たちと同じようにテスラを愛してもらいたいと望む人たちの心に、暗い影を落としている。テスラに関するこれら…この記事の続きを読む

ニュース

ソフトウエア開発のフラー 新潟県内にIT開発拠点新設

ソフトウエア開発のFULLER(フラー、千葉県柏市)は2017年初めをめどに、新潟県内にIT(情報技術)開発拠点を新設する。新潟ベンチャーキャピタル(VC、新潟市)は、ベンチャー投資促進税制の適用を受ける新設ファンドの出資1号案件に決めた。県内で新規雇用し、これまで首都圏に流出していたITに強い人材…この記事の続きを読む

ニュース

任天堂、米で「ファミコン」復刻版を発売へ

【シリコンバレー=小川義也】任天堂の米国子会社は14日、1980年代に大ヒットした家庭用ゲーム機「ファミリーコンピューター(海外名NES)」の復刻版を11月11日に発売すると発表した。スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」の大ヒットで任天堂のゲームへの関心が高まっているタイミングだけに話題を…この記事の続きを読む

ニュース

ソフトバンク流「地方創生」、長野県塩尻市を「インターン」で活性化?

ソフトバンクは「地方創生」×「ICT」をテーマに、長野県塩尻市と協力して新しいインターンシップを実施する予定だ。インターン生は地方創生を目指し、塩尻市の実際の課題に対して解決策を模索していくという。このプロジェクトをスタートさせることになった経緯と、その狙いなどについて、ソフトバンクの日下部 奈々氏と佐々木 力王氏に話をうかがった。…この記事の続きを読む

ニュース

大切なのは「失敗の仕方」 米流チャレンジ精神の意味

シリコンバレーを一言で表現するなら「少し先の未来を創ろうとしている人々のコミュニティーと生態系」となる。少し先の未来、かつそれを創るということなので、失敗はつきものである。シリコンバレーの特徴を表現する言葉に「失敗に対して寛容であれ」というものがある。果たしてそれは本当だろうか。大切なのは「失敗の仕…この記事の続きを読む

ニュース

[1767号](表紙)特別な存在感(裏表紙)水無月の十一傑

[2016年7月15日発売 エルゴラッソ1767号] J1・2nd第3節・横浜FM vs 神戸 マッチレポート 横浜FMが紡いだドラマチックな逆転劇 J1・2nd第3節・川崎F vs 新潟 マッチレポート 川崎劇場2016・夏の主役は次代を… Related posts: [1758号]運命の最終節 [1619号]第2ラウンド [1605号](共通版表紙)後ろから武藤 (関西版表紙)阪神ダービー (裏表紙)予選リーグ突破[1、明治安田J1・1st第10節 マッチレポート][2、明治安田J1・1st第15節 プレビュー][3、明治安田J2第17節 プレビュー][4、ナビスコカップ マッチレポート] …この記事の続きを読む

ニュース

テクニウムの自己増殖がもたらす未来(ケヴィン・ケリー『テクニウム』)

米国『WIRED』誌の創刊編集長であり、テクノロジー界の思想をけん引するケヴィン・ケリー氏。NHK出版より、7月27日に刊行される著書『<インターネットの次に来るもの 未来を決める12の法則』の刊行にあわせて、来日講演が開催される。 本コラムは、氏の前著『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』(みずす書房)が、難解かつ高額なために、読むことを挫折してしまった方のために、サマリーを3回に分けてお届けする。第3回の今回は、「テクニウムの自己増殖がもたらす未来」と題した内容をお届けする。 本コラムの筆者のブログ、「希望は天上にあり」から、筆者の許諾のもとに転載させていただいた。…この記事の続きを読む

ニュース

人工知能が味を決めるビールって?(ロンドン)

チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れられています。さまざまな質問から好みを分析「The Next Web」によると、イギリスのスタートアップ「IntelligentX」が提供するのは…この記事の続きを読む

ニュース

アジアを拠点とするクロスボーダー決済のフィンテック企業AirWallexが300万ドルを調達

 フィンテック企業がアジアの投資家の興味を引いている。資金を調達した最新の企業はAirwallexだ。中国、オーストラリア拠点のクロスボーダー取引に特化したスタートアップである。 メルボルンに本社を置くAirwallexは今週、中国の投資家Gobi Partnersが率い、エンジェル投資家のHuashan Capital… Read More…この記事の続きを読む