CATEGORY ニュース

ニュース

「会社は誰のモノか?」を理解した上で、企業の「0→100」成長を考える

私は創業初期の企業(クックパッド、ランサーズ)で会社員として働き、上場を経て企業が成長していく様子をリアルタイムに経験し、当事者としてその成長に大きく関与した。また、直近では、VC・アクセラレーターとして多くのベンチャーの成長を後押しし、自身も起業家として歩んでいる。そのような経験で得た知見から、本連載「Growth Company 0→100」では、「0→1」「1→10」、「10→100」という成長フェーズごとで必要となるノウハウを解説する。このようなノウハウは意外にも体系立ててはまとめられていない。なるべく多くの起業家の役に立つ内容にするつもりだが、自身の経験上のことでもあるので、全てに当てはまるノウハウと過信せずに読んでいただきたい。 第1回の今回は、各成長フェーズのノウハウの各論に入る前に、そもそも「会社とは誰のものか?」という問いに対する私なりの回答を示したいと思う。…この記事の続きを読む

ニュース

スマホで最も使うECサイトは「Amazon」。次いで「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」

スマートフォンからネットショッピングを楽しむユーザーは4857万人で、前年同月比15%増ニールセンは、スマートフォンからのeコマースサービスの利用状況を分析したレポートを発表した。2016年5月において、スマートフォンからネットショッピングを楽しむユーザーは4857万人で前年同月より15%増えている…この記事の続きを読む

ニュース

[創価大学]創価大学が7月30、31日、8月21日にオープンキャンパス特別イベント「サマーチャレンジセミナー2016」を開催 — 『ビリギャル』著者の坪田信貴氏らが講演

創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)は、7月30日(土)、31日(日)、8月21日(日)にオープンキャンパス特別イベント「サマーチャレンジセミナー2016」を開催する。これは、創価大学・創価女子短期大学のオープンキャンパスにあわせて開催するもので、『ビリギャル』の著者坪田信貴氏などを講師に招い…この記事の続きを読む

ニュース

コトラー氏提唱の「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2016」10/11~12開催、成熟市場で成功するマーケティングとは?

現代マーケティングの父、フィリップ・コトラー氏が提唱する国際会議「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2016」が、10月11日(火)と12日(水)の2日間、東京・港区で開催される。ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2016http://wmsj.tokyo/同サミットでは、世…この記事の続きを読む

ニュース

投資決定まで1カ月 イスラエル流R&Dの迅速さ

先日、あるメーカーの研究者から「数年かけて研究した多くの技術がビジネスに活用されていない」という相談を受けた。自分が生み出した技術とほぼ同じものを使って成功しているベンチャー企業(スタートアップ)を見て悔しい思いをしているとも言っていた。74年生まれ、関西大学卒。大手医療機器メーカーを経て00年アク…この記事の続きを読む

ニュース

<ZDNet Japan>クラウドへの信頼性が業績に影響?–グーグル委託調査

Googleの委託調査によれば、多くのビジネスリーダーは、少なくともITの一部をクラウドに移行すべきだと考えているが、クラウドを信頼しない限り、大きな経済的メリットを受けることはないという。 Economist Intelligence Unit(EIU)が実施したこの調査で、企業の99%は少なくと…この記事の続きを読む

ニュース

高性能顕微鏡のナノフォトン、VCから資金調達 海外販路を拡大

大阪大学発ベンチャーで高性能顕微鏡を製造するナノフォトン(大阪市)は、大阪大学ベンチャーキャピタル(大阪府吹田市)などから総額で約1億5千万円を調達した。分子レベルの微細な構造を観察できる「ラマン顕微鏡」を中心とする分析装置の海外販売拠点を整えるとともに開発体制を強化して品ぞろえを広げる。 阪大VC…この記事の続きを読む

ニュース

世代交代でミレニアルたちが“意思決定者”に、新たなイノベーションが旧モデルを駆逐

2016年は日本でも「MarTech(マーテック=高速かつ効果的なビジネス展開を目的に、企業がマーケティング活動にデジタル技術を取り入れること、またはその技術)」が拡大する兆しが見えてきた。既に業界用語として定着している「AdTech(ア……この記事の続きを読む

ニュース

Brexit、英国のEU離脱が「ハイテク産業に」もたらす4つの影響

英国のEU(欧州連合)離脱(=Brexit)の決定は、英国のハイテク産業に今後どのような影響がもたされるのだろうか。中でも英国のハイテク産業はGDP(国内総生産)の約10%程度を占め、英国経済の成長を促進する要素の1つとなっている。フロスト&サリバン 英国オフィスのデジタル・トランスフォーメーション部門リサーチディレクターであるアドリアン・ドロズド氏が、英国のEU離脱がハイテク産業に今後及ぼす影響についてまとめ、これを発表した。…この記事の続きを読む

ニュース

【日本発!起業家の挑戦】オープンイノベーションで双方にメリット

□Creww代表・伊地知天氏に聞く 日本はかつて世界で最も革新的な企業を抱える国だったが、大手企業はすでにその鋭さを失っている。人々はスタートアップが成長とイノベーションの次の原動力になることを期待しているが、Creww(クルー)代表の伊地知天(いじち・そらと)氏は少し違ったアプローチに賭けている。…この記事の続きを読む

ニュース

企業のダイバーシティ推進が掛け声倒れに終わる理由 – 吉野家ホールディングス会長・安部修仁の僕ならこう考える

女性活用や外国人活用など、『ダイバーシティ(多様性)」推進を掲げて、さまざまな取り組みをする企業が増えている。しかし、お題目に振り回され、逆に生産性が下がってしまうケースも。安部修仁・吉野家会長はダイバーシティ実現は結局、組織の「コミュニケーション力」によるのだと語る。(構成/フリージャーナリスト・…この記事の続きを読む

ニュース

「経営者・岡田武史」はいかにして生まれたか?―岡田武史×藤沢久美 対談(2) – 最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!

元サッカー日本代表監督で現在は四国サッカーリーグ・FC今治のオーナーとしてクラブを運営する岡田武史さん。岡田さんが「スタッフが自ら動き出す組織を作るための究極のリーダーシップ」と絶賛した『最高のリーダーは何もしない』が5万部を突破する売行きを見せている。同書著者の藤沢久美さんと岡田武史さんのリーダー…この記事の続きを読む

ニュース

電力自由化の料金プランとポイント:電力自由化最新事情! スタートから3カ月で激化する顧客獲得競争

2016年4月1日にスタートした電力小売全面自由化。参入する企業の特徴的なサービスやシェアを獲得する事業者の傾向をピックアップした。また、電力自由化に関わるお得なポイント制度やトラブル、海外事情も紹介する。…この記事の続きを読む